米国食品医薬品局(FDA)は10月11日、米Genentech社の抗体医薬「Avastin」(アバスチン、一般名:bevacizumab)を進行非小細胞肺癌(扁平上皮癌を除く)の治療薬として承認しました。大腸癌と同じく化学療法剤(carboplatinとpaclitaxel)との併用ですが、手術で摘出不可能な進行肺癌に広く適応となりました。

アバスチンの適応が進行肺癌にも広がったの画像

ログインして全文を読む