米国食品医薬品局(FDA)は、Merck社の「Zolinza」(vorinostat)を皮膚T細胞性悪性リンパ腫(Cutaneous T-cell lymphoma;CTCL)治療薬として、他の薬剤治療中もしくは治療後に疾病が持続、悪化または再発した場合の適応で承認しました。7月7日に承認申請したばかりで、わずか3カ月でのスピード承認です。

ログインして全文を読む