私は、医学部を卒業し、外科医から基礎系の研究者に転向しました。「なぜ正常細胞が癌化するのか?」という疑問を解きたかったからですが、私のように臨床の現場で疑問を持って、それを解決したくて基礎研究を始めるのは一握りだと思います。しかし私自身、最初から、一生、基礎研究者を続けるつもりだったわけではなく、一定期間(3〜4年)基礎研究をして、それを患者さんの診療に生かせる臨床医になりたいと考えていました。留学して、運良く世界的に認められたこと、多型マーカーの開発によって多くの研究者に貢献し、広く医療の進歩に貢献できる意義を知り、基礎研究者として生きていく決心をしました。

ログインして全文を読む