前回、予告しましたように、抗血栓薬ワルファリンと遺伝子多型の関係について紹介します。ワルファリンは、心臓手術後や心房細動のような血栓ができやすい条件下の患者や心筋梗塞・脳梗塞患者に対して、抗凝固の目的で使われている薬です。

ワルファリンの投薬量を予測するの画像

ログインして全文を読む