イレッサの副作用死が643人に達したという報道があった(関連記事)。このような記事を目にして、いつも奇異に思うのが、分母(イレッサを服用した患者数)の記述がないことである。

ログインして全文を読む