「ピッ・ピッ・ピ〜」。診察時に、医療用PHSが突然鳴った。PHSの送信元を見ると、レジデント2年目(医師4年目)の高橋先生だ。「どうした?」。「先生、お忙しいところすみません。入院病棟の患者さんに、ルートが入らなくて困っています。2度ほど刺してみたのですが、血管が細くてうまくいきません。患者さんが少し怒り出して、『100%成功できる医者を呼んでくれ!』と言っています」

ログインして全文を読む