「ところで、将来何科に進むか決まっている人はいるの?」。スタッフから、少々フライイング気味の質問が飛んだ。ほとんどの研修医はこの時期まだ進路を決めておらず、断言を避ける。ところが、1人例外がいた。「外科に決めました!」。3人のうちの1人が、2カ月間の勧誘(洗脳?)の成果か、少々疲れ気味の表情の中にも目を輝かせながら、元気に答えた。

ログインして全文を読む