東京でも桜が満開となった、4月最初の金曜日。新しい年度に入ったとはいえ、外科医にとってはこれまでと変わらない1日が、夕暮れ時を迎えようとしていた。外科のカンファレンスルームでは、いつも通りに次週行われる手術の症例検討会が行われていた。

ログインして全文を読む