組織のトップはとかく、「自分はすべての分野で部下より優れている」と考えがち。しかし、現実には、そんな“超人”はそうはいません。そもそも、トップが 超人である必要などないのです。

ログインして全文を読む