NHK大河ドラマ「天地人」にハマっています。上杉景勝の家臣でありながら、豊臣秀吉、徳川家康らを魅了し、また、両者に最も恐れられた武将・直江兼続の一生を描いたこの作品。兼続が貫き通した「義と愛」は、上司と部下を含む全ての人間関係において、最も大切にすべき言葉なのかもしれません。

ログインして全文を読む