組織の中で、上司の意見に対して部下から意見が出ないとき、上司は、「皆が自分の意見に賛成してくれている。やはり私は正しい」と考えがちですが、それが“錯覚”であることも多々あります。部下は、異論がないのではなく、口に出さないだけなのかもしれません。

ログインして全文を読む