組織を活性化させるなら、年功序列に固執するのではなく、適材適所の人事配置が大切になります。ただ、年功序列の考え方を完全に捨て去ると、組織はぎくしゃくします。挨拶や礼儀に関しては年功序列をわきまえた儒教的精神が必要。これが、組織の潤滑油となるからです。逆転人事で先輩を部下に持った人は特に、このことを肝に銘じておいてほしいものです。

ログインして全文を読む