「俺は将棋の駒でしかないのさ」。こう嘆く人が時々いますが、将棋の駒でなぜいけないのでしょうか?「歩のない将棋は負け将棋」。将棋の駒の役割は様々で、どの駒も将棋にはなくてはならないものです。また、成駒になる発展性もあります。組織における将棋の駒は、なかなか捨てたものではありませんよ。

ログインして全文を読む