ひまな当院ではMRさんとお話するのも結構楽しみだったりします。営業ではなく、MR=medical representative(医薬情報担当者)なのだとは言うものの、あまりに薬が出ないとなんだか申し訳ないなあ、と思ってしまいます。薬が出ないのは、患者数が少ないせいもあるんだけど。後発品可の処方箋がよく出るようになり、薬の選択権は調剤薬局に移った感じもしますが、MRさんの存在が薬の処方にどう影響しているかを考えてみました。

MRさんの力の画像

ログインして全文を読む