先日の記事では、東京都眼科医会のデータをご紹介ましたが、実は、都内眼科開業医の保険収入は全国平均の約3分の2なのだそうです。患者1人当たりの平均点数には差がありませんから、要は「患者数が少ない」ということになります。歩いていける範囲に眼科が数軒あるような地域では、患者数が少なくなって当然でしょう。

都内での眼科開業はもう無理?の画像

ログインして全文を読む