将来わが子を、いわゆる偏差値の高い大学や医学部に進学させたいと考える親御さんに、小学6年生で中学受験をさせる方がよいか、と問われたならば、私は、「たとえ失敗してもいいから、できたらさせた方がいい」と答えます。

医学部を目指す、小学生からの教育とは(その2)の画像

ログインして全文を読む