先日、私の次男が通う日本医科大学で父母会が開かれ、新装工事が完成しつつある附属病院見学と懇親会に加え、大学が「国際認証」を受けるに至った経緯説明とそれに伴う教育カリキュラムの改変およびその内実を、教務部長の伊藤保彦教授が説明されました。

言葉の教養を落とすべきではないの画像

ログインして全文を読む