今年から、高校で新教育課程(新課程)を履修した人たちが受験生として登場しました。旧課程履修者、すなわち浪人生に対しては、今年1年という限定付きで、“移行措置”がとられることになりました。どのような移行措置が行われたかというと、旧課程受験生、新課程受験生それぞれに別々の問題が課せられたのではなく、ほとんどの大学で旧課程、新課程の両方に共通する分野からの出題、ということになったようです。

「新課程元年」の医学部入試、その結果は?の画像

ログインして全文を読む