受験屋稼業を続けていて一番楽しいのは、かつての教え子たちが夏休みに帰省して私を訪ねてくれることです。医系予備校を始めてからは、医学部に入学した生徒の話を聞くことが増えました。どちらかというと、医者の親を持つ子より、医者以外の親を持つ子の方が、医学生になって体験したことを、新鮮な驚きと共に話してくれるように思います。

ログインして全文を読む