「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」――。最近そこかしこの論壇で見かける19世紀ドイツの鉄血宰相ビスマルクの言葉です。《自分の手痛い失敗(=経験)より、他人の失敗(=歴史)に学べ》という意味で使われることが多いですが、この言葉が今の日本でしきりに引用される背景には、文字通り「歴史」をめぐる諸外国との微妙な関係があるような気がしてなりません。

ログインして全文を読む