私立大医学部入試がようやく終わりました。今年はセンター試験の日程が例年より遅く、1月19日・20日に行われたこともあって、私立医学部の受験日程が後ろにずれ込み、同じ日に複数の大学の試験が行われるケースが目立ちました。その結果がどうなったかというと、あくまでも私の推測ですが、併願先が少なくなった影響からか、大半の私立大学で補欠合格者の数を少なめに発表したようです。

ログインして全文を読む