思えば、山中伸弥京都大学教授は、わが国で1979年に導入された「共通一次試験(現・センター試験)」を受験した最初のノーベル賞受賞者です。“考えに深みがない”とか、“じっくり問題を解く姿勢に欠けている”など、何かと批判の対象であった「共通一次世代」のトップランナーとしての“産声”を上げたわけです。

「共通一次世代」山中伸弥教授から、医学部受験生が学ぶことの画像

ログインして全文を読む