この4月に東京国際フォーラムで行われた第113回日本内科学会総会・講演会では、例年開設されていた企業展示ブースが消え、書籍販売ブースのみになっていました。そういえば、ランチョンセミナーはどうだったかと、過去の学会プログラムを調べてみたのですが、意外なことに、少なくともここ10年以上、年に一度の講演会・総会では「ランチョン」と銘打った講演は開催されていないようでした。

企業ブースが消えた学会で考えたことの画像

ログインして全文を読む