「いよいよ事業者に直接取材を敢行しようかと考えていたところ、上司が私に告げた。『それ、サツに情報を渡せ。サツに事件としてやらせろ』。取材で得た情報を警察に提供し、刑事事件として捜査してもらう。その代わり、捜査着手の際は優先的に教えてもらえるから、スクープとして記事を書くことができる。そんな理屈だった」(高田昌幸著『真実〜新聞が警察に跪いた日〜』角川書店)

医療事故報道におびえる管理者の画像

ログインして全文を読む