私には、再生医療のように多くの人が参入する分野で独創的な仕事ができると思うほどの自信はありません。それよりも、人気のない分野で、競争に負けるリスクが低い分相対的に成功率が高い仕事を選んで業績を上げ、より好条件の職場へ移る。私はそんな目論見で矯正医官の職を選んだわけですが、思わぬところで足をすくわれる結果となりました。

事故調の出口で待ち構える人々の画像

ログインして全文を読む