2015年10月の制度施行を控えて、医療事故調査制度(いわゆる事故調)の施行に係る検討会が最終回で物別れに終わりました。それを受けた大手メディアは「事故調に反対して “真相究明”を妨害するようなけしからん医者どもは正義の裁きを受けよ」式の論調で、事故調の医師委員を悪党一味に、医事裁判を「お白州」に見立てて国民感情をあおっています。

事故調と医事裁判の冤罪(えんざい)性の画像

ログインして全文を読む