「刑事事件というのは人を死刑にもできる仕事だ。公取委の審査に支障がある?公取委の面目だ?そんなものはどうでもいい」 元検事の弁護士で、現在は弁護活動を通して健全な検察批判1)2)を行っている郷原信郎氏は、今から20年ほど前、東京地検から公取委に出向していた時に、一連のゼネコン汚職事件の調査に関わりました。この時、公取委は威信をかけて告発に動いたのですが、告発を受けても立件は困難であるとの検察の消極的意見に従い、やむなく告発を見送りました。

検察の下請けと化す「事故調」の画像

ログインして全文を読む