エボラウイルス感染症(エボラ出血熱、以下EVD)に対する治療の話題が、一般・医療専門を問わずメディアに氾濫していますが、どれもこれも揣摩(しま)憶測・能天気な楽観論ばかりで、臨床開発についての真摯な議論は全く聞こえてきません。

ログインして全文を読む