作家の佐藤優氏は、死刑制度を持たないイスラエルを例に取り、「死刑によって法秩序を維持するのは弱い国家」だとしています。暴力で子供を従わせようとする父親の未熟性を考えると分かりやすいでしょう。ノバルティスファーマ社に対する刑事責任追及の声は、スポーツチームの監督に鉄拳制裁を期待するような心理に根ざしています。それは臨床研究に対するリテラシーとは対極にある未熟な感情です。

ログインして全文を読む