裁判では人生や命に直接関わる判断が下されるわけですから、裁判で採用される検査法・検査結果については、臨床現場と同様の科学的妥当性の検討が当然必要なはずです。ところが、現行の制度ではそれを担保する仕組みがありません。

ログインして全文を読む