『いい若いモンが、どこぞの木っ端役人みてえに、できない理由ばかり探してんじゃねえよ!』――。ある病院で開催された若手対象の臨床研究の相談会でのこと。2年目の研修医が「生物統計の知識がないから臨床研究ができない」としたり顔で言うので、「では君自身は一体、どんな研究がやりたいんだ」と尋ねました。

ログインして全文を読む