「仕事をする」というのは「私のもっているどんな知識を求め、私の蔵しているどんな能力を必要としているのかがわからない他者」とコラボレーションすることである。相手構わず、「私はこれこれのことを知っています。これこれのことができます」というリストを読み上げても意味はない。「私はあなたのために何ができるのですか?」そうまっすぐに問いかける人だけが他者とのコラボレーションに入ることができる。

ログインして全文を読む