後発医薬品は医療費抑制の象徴に祭り上げられ、政府の社会保障政策に対して賛成、反対に分かれて喧々囂々(けんけんごうごう)の議論が続いています。ですが後発品論争の本質は、国家財政とは異なるところにあります。

ログインして全文を読む