“3.11”から半年以上が過ぎましたが、福島第一原子力発電所の事故について、東京電力や原発規制にかかわる公的機関への攻撃に情熱を燃やす人々は、いまだに後を絶ちません。しかし、その攻撃の成果は一体何なのでしょうか? それとも、情熱を燃焼させることに意味があるのであって、その成果の検証などはどうでもいいことなのでしょうか?

ログインして全文を読む