長時間作用型β2刺激薬(LABA)は、慢性持続型喘息にadd-onで使用することが推奨されているが、in vivoで抗炎症効果があるかどうかについては議論が分かれている。この研究では、LABAがin vivoで抗炎症作用を有するかどうか、吸入ステロイド薬にLABAを加えることで抗炎症に関するシナジー効果があるかどうかを、メタ解析で調べている。

ログインして全文を読む