新築家屋の室内ラドン濃度に基準値を設ける施策は、肺癌予防に高い費用対効果がある、という英国オックスフォード大からの報告がBMJに掲載された。

ログインして全文を読む