日本以外でも、医師のバーンアウトは問題になっているようだ。「小児科レジデントにはうつやバーンアウトが多く、うつは医療過誤増加と関連する」という報告(BMJ. 2008 Mar 1;336(7642):488-91.)や、「医師のバーンアウトと、患者とのコミュニケーションの関係」(Gen Intern Med. 2008; 23(10):1581-8.)といった報告がある。前向きな対策を検討した研究としては、ノルウェーからの報告がある。

ログインして全文を読む