睡眠時無呼吸症候群の患者における睡眠中の呼吸障害に、食事と運動のどちらの影響が大きいかを調べた研究。問題なのは食事の摂取量であって、運動量が少ないのはBMIが高い(太っている)からだ、と結論している。

ログインして全文を読む