プロトンポンプ阻害薬(PPI)の長期使用と関連する低マグネシウム血症の報告が以前になされているが、最近の報告によると、マグネシウムに限定した腸管吸収への影響が示唆されている。

ログインして全文を読む