突然死と疾患発症の予防のため、心臓異常の検知を目的に、競技スポーツ参加者を評価するシステミックな取り組みに、ヨーロッパ、特にイタリアの研究者が積極的なようだ。アスリートの心血管イベント頻度を減らせるかどうかの検証をフォローアップする必要はあるものの、競技スポーツ参加者に運動負荷心電図を行うことで心臓異常を見いだすことができるという報告をベースに、運動負荷心電図での判定を勧めている。しかし、アメリカはどうもそれに乗りたくないようだ。

ログインして全文を読む