クラスの“influential student”に喫煙防止の大きな役割を担わせるというのは、良いアイデアのようだ。憧れの同級生が「たばこはだめ」といえば響くし、影響は放課後まで及ぶ。先生からの単なる指導より、よっぽど効果があるのかもしれない。

ログインして全文を読む