薬局・薬店などで、「肥満関連遺伝子検査キット」が発売されたと知った。内容をみると、β-3アドレナリン受容体(β-3AR)、脱共役蛋白質1(UCP1)、β-2アドレナリン受容体(β-2AR)の、3つの肥満関連遺伝子を調べ、「標準型」「りんご型」「洋なし型」「バナナ型」といったタイプに判定するようだ。

ログインして全文を読む