炭水化物や脂質よりも蛋白質の方が、食欲刺激ホルモンであるグレリン(ghrelin)を抑制するというメカニズムが示唆される報告がされたようだ。

ログインして全文を読む