薬業団体はOTCの対象を広げようと画策しているが、そのリスクに言及することは少ない。一方、米国の大衆薬協会(CHPA)は日本と違い、OTC薬による薬物乱用の予防に協力的なようである。

ログインして全文を読む