昨年10月、New England Journal of Medicineで、スパイラルCTで検出されたステージIの肺癌患者の10年生存率が90%近くになるというリード文献(International Early Lung Cancer Action Program (I-ELCAP) Study )が公表された。

ログインして全文を読む