米国感染症学会(IDSA)のニュースリリース(2007年11月12日)にもこの論文のことが紹介されている。すなわち、抗ウイルス薬が入院患者の死亡率を減少させたという重大な報告である。

ログインして全文を読む