ショーペンハウアーの著書に「天才とは物事を一般化して考える」という一節があったと思うのだが、確認できないでいる。ドイツではかつて、自然科学を『一般化』、人文科学を『個性化』とする流れとしたそうだ。それを考えれば、医学は自然科学であり、医療・臨床は人文科学ということになろうか?

ログインして全文を読む