肺気腫患者に肺容積減少術(LVRS)を行う際、肺高血圧症の周術的リスク評価の指標には、ドプラーエコーが使われてきた。果たしてこの検査の正確性はどの程度なのか。NETT研究のサブスタディーとして検討された。

ログインして全文を読む