患者・医師のコミュニケーションがうまくいかないと、患者の苦情が多くなる。行政監督で調査された苦情については、国家試験時のコミュニケーション・スコアが一つの推定因子となり得ることが判明した。医師の技量として、コミュニケーションスキルが重要であることが改めて判明したわけである。

ログインして全文を読む