慢性ストレスは、認知症だけでなく、MCI(軽度認知障害)にも影響を与える。一方、アルツハイマー病などは、APOE-ε4やSORL1などの遺伝子表現型との関連が報告されている。遺伝的リスクのある人では、ストレスによって記憶障害が出やすいのではないかという仮説とその立証が行われている。

ログインして全文を読む